デリヘル関係AV・書籍:私は障害者向けのデリヘル嬢


デリヘル関係AV・書籍タイトル

デリヘル関係AV・書籍:私は障害者向けのデリヘル嬢

デリヘル関係AV・書籍URL

http://www.amazon.co.jp/%E7%A7%81%E3%81%AF%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E8%80%85%E5%90%91%E3%81%91%E3%81%AE%E3%83%87%E3%83%AA%E3%83%98%E3%83%AB%E5%AC%A2-%E5%A4%A7%E6%A3%AE-%E3%81%BF%E3%82%86%E3%81%8D/dp/4893086219/ref=pd_sim_sbs_14_1?ie=UTF8&dpID=513mDhCgCqL&dpSrc=sims&preST=_AC_UL160_SR109%2C160_&refRID=13W6SREB94P0B1AJCZ2D

デリヘル関係AV・書籍解説

障碍者向けのデリヘル嬢と聞いてどういうイメージを持つでしょうか。心無い人からは「どうせ金目当てでしょ」「売名行為でしょ」さらにひどい人に限っては「障碍者なんだ関係なくただやりまんなだけだろ」という意見を持ってしまうかもしれません。それでも障碍者向けの風俗嬢は絶対的に必要なんです。彼らはなりたくて障碍者になったわけではない。そう思ってはいても自分が障碍者向けのデリヘルで風俗嬢として働いているなんて声を大にして言えるわけもない。言いたくても言葉に出せない悲痛さがにじみあふれる作品です。あなたの子供が障碍者だとしたら賞賛を与えたくなるほど素晴らしいはずであるはずの彼女達の存在は本当に敬遠されるべきなのか。中学生、高校生の保健体育の教科書に載せてもいいと思うほどの作品で、性行為=エッチなことではなく必要不可欠な物としてとらえることが出来るでしょう。自分の価値観を変えてくれる称賛されるべきノンフィクションです。

デリヘル関係AV・書籍作品紹介

風俗の経験6ヵ月、介護の経験ゼロの女の子が出会った障害者の性の現実を、彼女自身がリアルな言葉ですべてを綴ったノンフィクション。車椅子のお客様、寝たきりのお客様、意思疎通のできないお客様、目の不自由なお客様……。障害は人によって違う。悩みも人によって違う。私はそれぞれに見合った性的サービスができているだろうか?少しでも役に立ちたい、もう知らないふりはできないから…これを読めば、世の中が違って見えてくる。